SOLUTION
- ソリューション -

今、その時に求められる価値観を

近年スマホの普及、コミュニケーションネットワークの浸透、 情報発信の簡易化と加速に伴って発生する価値観の統合、意識の連動により マーケティングそのものが大きく変わってきています。

サービスを宣伝・発信する側からは、 デジタルの進化で得た膨大なデータを活用し、 クライアントのサービスをニーズに合った顧客に結びつけるだけでなく リアルタイムに地域の人々の意識に踏み込んだ、 よりアナログ的な発想とフレキシブルマーケティングの意識が必要です。

地域の総合広告代理店として 小規模から大規模までの様々な取り扱いメディアと 読売千葉広告社ならではのマーケティングを活用し、 顧客に合わせた最適なソリューションをご提案致します。

適切でタイムリーな広告をご提案致します

――どんな役職で、どんなお仕事をしていますか?
業務部に所属しており、役職は副部長です。
ラジオやテレビを利用した広告プランの企画提案や、媒体担当者様や広告代理店様との交渉を主な仕事としています。

――広告の効果を最大化させるためには何が重要だと考えますか?
世間や広告業界の情勢に対して、常に高いアンテナを張ることが重要だと考えています。
頻繁に情報収集し、各メディアの情勢を把握することは、クライアント様への「適切でタイムリーな広告」のご提案へつながります。
また、成功事例やモデルプランのリサーチも欠かせません。
過去の成功事例を踏まえながら、「お客様のご予算の中で最大の広告効果が出せるプラン」をご提案できるよう心がけています。

――仕事の醍醐味を教えてください。
以前ラジオ局と合同でイベントをやらせていただいたことがあるのですが、当日沢山の方々がご来場して下さり、楽しそうにしているところを見たときには、それまでの苦労が吹き飛びましたね。
企画からイベント当日までの半年間、打合せを重ねてきた努力が実った瞬間でした。
多めに用意したつもりの景品1,000個が、予定時間より2時間も前に配布終了してしまったのも、嬉しい誤算でした。
企画提案したものに対してクライアント様が賛同して下さり、さらには予想していた以上の反響が得られたとき、仕事のやりがいを感じています。

――弊社の強みと今後の目標を教えてください。
千葉県内で約82万部の発行部数を誇る読売新聞の専属広告代理店であることは、やはり弊社の強みであると思います。
新聞という媒体は抜群の信用性があり、そこに広告を掲載することによってブランド力の上昇に繋がります。そして記事の反響や懸賞の応募数等から、読者は確かに新聞を読んでいるということを、昔も今も変わらず実感しております。
今後は新聞広告を切り口として、様々な媒体とメディアミックスした企画のご提案を強化していくことが重要だと思っています。
ご予算の多い少ないに関わらず、その中で最大の広告効果を引き出せるプランとは何か。
クライアント様に寄り添い、適切な分析とノウハウによって、これからも最適なソリューションをご提案していくことが自分の使命だと思っています。