デザインから掲載手続きまで、
読売千葉広告社に全てお任せください!

選挙広告に関する、よくあるお悩み

限られたスぺ―スと回数を効率よく活かすには、
広告を掲載する新聞の選択が
大切な要素となっています。

読売新聞千葉県版への掲載をおすすめする の理由

@千葉県内約83万部もの発行部数を誇っています。

新聞による選挙広告の効果は発行部数に比例していると言われています。
読売新聞は千葉県内で約83万部という圧倒的な発行部数を誇っています。
さらに一世帯当たりの家庭内閲読者数は2.4人

これを踏まえると、
1回の掲載で約200万人もの読者の目に触れるということになります。

A新聞読者の9割は、投票へ行っています。

2012年の衆議院議員選挙時のデータでは、9割の主要新聞読者が「投票へ行った」と回答 しています。(期日前投票含む)

最大部数を誇る
読売新聞の読者の大半は投票へ行った ということになります。

B千葉県版は、地元情報を得るための貴重な情報源です。

地域ニュースと呼ばれる読売新聞千葉県版面は、読者が日常生活の中で地域のタイムリーな情報や 親しみあふれる話題を得るために欠くことのできない重要な紙面です。

その県版面に広告掲載することは、
県内の読売新聞読者へダイレクトに訴求でき、記事との相乗効果も相まって高い注目率 が期待できます。

また、永年の信用と全国紙シェアナンバーワンの読売新聞 は多くの読者から高い信頼を寄せられています。

掲載可能サイズ

公職選挙法により、広告サイズは の大きさと定められています。
弊社では代表的なサイズ3種類をおすすめしておりますが、ご予算に応じたサイズ変更も可能です。

掲載可能回数

@国政選挙の場合


(衆議院議員選挙・参議院議員通常選挙)

5回掲載可能

A都道府県知事選挙の場合


   

4回掲載可能

B地方議会議員選挙の場合


(市町村長選挙・自治体議員選挙)

2回掲載可能

国政選挙・都道府県知事選挙の広告費は、公費で賄われます。

国政選挙・都道府県知事選挙に立候補した場合、
新聞広告は「新聞広告掲載証明書」と引き換えに掲載されます。
「新聞広告掲載証明書」は、立候補届出時に選挙管理委員会より
配布されるものです。

つまり、実費をかけずに新聞広告への掲載が可能です。

※ 地方議会議員選挙は私費でのご出稿となります。

選挙広告は、候補者の意見や人柄を有権者に伝える貴重な機会です。
選挙に立候補された場合、公職選挙法に基づき選挙期間中、新聞に選挙広告を掲載することができます。
選挙の種類によって掲載できる広告の大きさ・回数が規定されています。
この限られたスペースと回数を効率よく活かすには、広告を掲載する新聞の選択が大切な要素となっています。
国政選挙・都道府県知事選挙の場合は、広告料金は公費で賄われます。